脚痩せのための施術

体重計に乗る人

ぽっこりお腹を引っ込めたり、たるんだお尻をヒップアップしたりと、美しいボディラインのためには身体の部位のダイエットは欠かせないものです。
しかし、美しいボディラインを作るには、脚線美も重要です。
その脚線美を大きく左右するのが「ふくらはぎ」といえるでしょう。ふくらはぎは筋肉太りしやすい厄介な部分です。ふくらはぎが太いだけで、がっしりとした厳つい印象を与えてしまい、脚線美も台無しになってしまいます。
そうはいっても、ふくらはぎは身体の部位の中でもダイエットが難しい部位の1つです。ちょっとやそっとのケアではなかなか細くならず、運動すれば却って筋肉太りに拍車をかけてしまうこともあります。

そんな厄介なふくらはぎのダイエットも、美容外科で行っている施術なら確実に効果があらわれます。
美容外科では、筋肉太りしているふくらはぎにたいして「ボトックス・ボツリヌストキシン注射」と呼ばれる施術を用意しています。ボトックスとは、筋肉の発達や働きを一時的に和らげる効果のある、タンパク質の一種のことです。このボトックスをふくらはぎの筋肉に注射することで、ふくらはぎの筋肉が一時的に収縮し、弱まっていきます。その結果、筋肉え太くなっていたふくらはぎがほっそりとし、女性らしい脚線美になります。筋肉の働きを弱めるといっても、健康に影響するようなことはありません。あくまでも健康に影響がない程度の筋肉の働きを和らげるので、程よい脚線美を実現することができます。